メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名品手鑑Ⅱ

滋賀の博物館・美術館探訪/7 湖北野鳥センター 自然のままの琵琶湖岸守る /滋賀

 <名品手鑑Ⅱ(めいひんてかがみ2)>

 「湖の中に木が立つ不思議な景色」。琵琶湖の北東岸、長浜市湖北町付近の湖岸で見られるこの風景は、古(いにしえ)より守られてきた本来の琵琶湖の湖岸の景観なのです。この辺りは、遠浅な自然湖岸が広がっているため、アカメヤナギをはじめ湿地性の植物や、水生動物などまさに生き物の宝庫となっており、特に水鳥については県内でも有数の渡来地となっています。

 この貴重な自然湖岸を守り、水鳥やその他の生き物の観察を通じて自然保護を啓発する目的で、1988年11月に一帯を水鳥公園とし、湖北野鳥センターが設立されました。センターから望遠鏡で四季折々にさまざまな野鳥が見られ、その数は年間140種に及びます。

この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1116文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです