メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 捨て方に「思いやり」を 富田林・岩村さん、マスク専用ごみ袋開発 /大阪

マスク専用ごみ袋を開発した岩村博文さん(左)と、無料提供に協力した毎日新聞河内長野販売所長の古谷浩忠さん=大阪府富田林市で、森口沙織撮影

[PR]

 新型コロナウイルスの影響でマスクの需要が増える中、富田林市で貿易会社を経営する岩村博文さん(61)がマスク専用のごみ袋を開発した。感染リスクのあるマスクのポイ捨てに危機感を抱いたことがきっかけで、防水性などに優れた素材を用いて使用済みマスクを安全に捨てられるようにした。岩村さんは「回収する人への思いやりを持って使ってほしい」と呼びかけている。【森口沙織】

マナーに危機感 「回収する人の安全考え」

マスク専用ゴミ袋「マスクポイポイ」=岩村博文さん提供

 岩村さんは、感染が拡大した3月ごろから路上に捨てられているマスクを目にすることが多くなり、「捨て方」のマナーを考えるようになったという。「ごみを回収してくれる人の安全とマスクを捨てる人の『思いやり』を実現したいと思った」

 岩村さんが社長を務める貿易会社「ナサラネット」は、飛行機や新幹線などで提供されているエチケット袋の原材料を中国へ輸出していた。この原材料や取引先の技術を生かしてマスク専用のごみ袋が作れないかと4月から開発を進めて製品化した。

 ごみ袋は白色の封筒型で、内側に防湿、防水性に優れた特殊加工を施している。入れ口は両面テープで密封できる形に仕上げ、紙製のために可燃ごみで処理できる。5枚入り1パックで165円(税込み)。「マスクポイポイ」と名付け、5月からネット販売を開始した。

 岩村さんは「マスクの着用は今後も続く。少しでも安全に捨てられるように普及してほしい」と話している。

30万枚無料提供へ

 多くの人にマスク専用ごみ袋を知ってもらおうと、岩村さんは毎日新聞読者などに6万パック(計30万枚)を無料提供することを計画している。

 知人で毎日新聞河内長野販売所長の古谷浩忠さん(56)に協力を呼びかけて配達網を利用することにした。6月下旬にも富田林市や河内長野市など南大阪エリアの読者に配布する予定だという。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 世界王者・山西、男子5000m競歩で「想定内」の日本新 「喜ぶほどでない」

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです