新型コロナ

帽子店のおしゃれマスク 神戸・マキシン、本業にも効果

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
マキシンの工房でマスクを作る帽子職人=神戸市中央区北長狭通2で、中田敦子撮影
マキシンの工房でマスクを作る帽子職人=神戸市中央区北長狭通2で、中田敦子撮影

 創業80年の帽子メーカー「マキシン」(神戸市中央区北長狭通2)が、3月からマスクを製作している。職人15人が「帽子屋さんが作るおしゃれなマスク」を縫っている。

 マキシンは、シドニー五輪(2000年)日本選手団や皇后雅子さまがご成婚の際に着用した帽子を手がけた老舗。当初は「帽子一筋」の職人から反対の声もあったが、コロナ禍で…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文407文字)

あわせて読みたい

注目の特集