メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 暗い世の中、快晴に 生蓮寺「てるてる坊主」募集 県内外から400体集まる 五條 /奈良

奈良県内外から届いた新型コロナウイルス退散祈願のてるてる坊主を境内に飾る生蓮寺の高畑公紀住職=奈良県五條市で、萱原健一撮影

[PR]

 弘法大師(774~835年)が晴天を祈願したことから「晴れ祈願の地蔵様」として親しまれている五條市の生蓮寺(しょうれんじ)(高畑公紀住職)が、新型コロナウイルスで暗雲がたちこめる世の中が晴れ渡ることを願い、全国から「てるてる坊主」を募集している。7月10日まで。【萱原健一】

 高畑住職(43)によると、寺は平安時代に嵯峨天皇(在位809~23年)の皇后の安産を祈願して創建された。弘法大師は寺の前の旧街道を高野山に向かって歩く道すがら寺に立ち寄り、道中の晴天を祈願したと伝えられる。

 「晴れ祈願」の寺と知った大阪府立大の学生から2016年、堺市の商店街で毎年6月に開かれるアートイベントで作ったてるてる坊主を奉納したいとの相談が寄せられた。以来、毎年600~800体が届き、七夕から8月20日ごろまで境内に飾ってきた。しかし、今年は新型コロナの影響でイベントが中止になったという。

 高畑住職は「晴れ祈願の意味を拡大解釈して、暗い世の中が快晴になるよう祈ろう」と考え、てるてる坊主の募集を始めた。寺のホームページやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で呼び掛けると、予想以上の反響があり、東京や大阪、三重などを含む県内外から400体以上が集まり、5月24日にはコロナ退散祈願の法要も営んだ。法要は6月24日と7月10日にも営み、てるてる坊主は8月20日ごろまで境内に飾る予定。

「コロナ退散 負けるな」と書かれたてるてる坊主=奈良県五條市の生蓮寺で、萱原健一撮影
新型コロナウイルス退散を願い生蓮寺に送られてきたてるてる坊主=奈良県五條市で、萱原健一撮影

 寺は動画投稿サイト「ユーチューブ」などで、てるてる坊主の作り方を紹介しているが、色や形に制限はない。「コロナ退散」「健康祈願」と書かれたものが多く、疫病退散の御利益があるといわれる妖怪「アマビエ」のてるてる坊主も届いた。

 てるてる坊主は、〒637―0071 五條市二見7の4の7の生蓮寺へ持参するか、制作者の送料負担で郵送でも受け付けている。問い合わせは同寺(0747・22・2218)。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. コロナ患者また抜け出し 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

  3. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  4. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです