メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食べる喜び感じて… 元栄養教諭ら、嚥下食の配食サービス 味、栄養、彩りこだわる 八幡東・七日屋 /福岡

新ゴボウを使ったプリンを調理する牟田園さん

 食べ物を飲み込むのが難しい障害者や高齢者向けに、八幡東区西本町の「嚥下(えんげ)食工房 七日屋」が具材をやわらかくするなど飲み込みやすくした「嚥下食」の配食サービスをしている。スタッフは、北九州市で学校給食に携わった元栄養教諭や元調理師ら。安心して食べられる他、おいしさや栄養、彩りにもこだわるなど、食べる喜びを感じてもらえるメニュー開発を進める。【松田栄二郎】

 七日屋は2019年4月、元栄養教諭の牟田園(むたぞの)満佐子さん(64)を所長に迎えて営業開始し、運営会社の系列デイサービスセンターなどに食事を届けている。メニューは牛肉と豚肉、調味料をミキサーにかけて滑らかにした後で加熱し、その上にキャベツを使った緑色のソースをかけた「ロールキャベツ」や、ブロッコリーやニンジンのムースも添えて色鮮やかな「ハンバーグステーキ」など見た目にもおいしいものばかり。ど…

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文1026文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  5. 特権を問う 地位協定60年 米軍私有車、税減免14億円 政府間合意、自治体反発 19年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです