メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

トランプ米大統領が好んで使うことばに…

[PR]

 トランプ米大統領が好んで使うことばに「レームストリーム・メディア」がある。「時代遅れの主流マスコミ」の意味で、意に沿わない大手新聞やテレビを攻撃する際の常とう句だ。投稿サイト・ツイッターのアカウントにあふれている▲この最先端のソーシャルメディアが新たな標的となった。運営会社による投稿の削除を制限するための大統領令に署名し、「言論の自由を守る」と息巻いた。愛用するメディアをなぜ敵に回すのか▲11月の大統領選での郵便投票拡大について「不正を招く」と主張する自身の投稿にツイッター側が「要確認」の警告をつけ、これを不当な干渉と受け取って報復に出たという。これには前段がある▲トランプ氏は先月、犬猿の仲の米テレビ男性キャスターを投稿で中傷した。キャスターが下院議員だった約20年前の女性職員死亡事故を持ち出し、「裏がある」と事件性を疑わせる内容だった。遺族は削除を求めたが、ツイッター側は投稿を残す一方で「対応の強化」を表明。警告はその直後だった▲大統領ら政治家の発言は公共性が高く、できる限り記録に残すべきだ。だからといって度を越した中傷や誤った情報が放置されていいはずがない。不適切な発信を大統領がすれば、注意喚起するのは当然だ。ツイッター社は大統領の別の投稿も「暴力の賛美」と警告した▲「言論の自由」は国民に与えられた権利であり、政府の統制を許さないためにある。言論の自由に干渉しているのはトランプ氏である。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. JR東海が初の赤字、1920億円予想 新幹線利用の激減響く

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです