連載

クローズアップ

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

クローズアップ

政府、マイナンバー改革 給付金で関心、利用 「国民監視」反発必至

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自治体の窓口にはマイナンバー関連の手続きで早朝から行列ができていた=東京都品川区の品川区役所で5月14日午前8時23分、道永竜命撮影
自治体の窓口にはマイナンバー関連の手続きで早朝から行列ができていた=東京都品川区の品川区役所で5月14日午前8時23分、道永竜命撮影

 政府がマイナンバー改革を本格始動させる。新型コロナウイルスの感染拡大で「本当に困っている人」を特定するため、全ての口座情報とひも付けし、資産状況を把握できる仕組みを目指す。ただ、国民監視のツールにもなりかねない制度改正だけに反発も予想され、支持率の低下した安倍晋三政権の下で実現するかは見通せない。

 「全ての口座にひも付けできたら、国民の負担軽減につながる」。高市早苗総務相は5月22日の記者会見で、マイナンバーを新型コロナウイルス対応の「切り札」にする考えを強調した。

 政府はマイナンバー制度改革を2段階で改革していく方針だ。「第1段階」では一つの口座とひも付け、給付金の振込先として管理し、「スピード」支給につなげる。ただ、複数の仕事を持つ人の所得や資産を全て把握しない限り、困窮者だけに絞る「線引き」支給はできない。このため、全口座とひも付ける「第2段階」が改革の本丸となる。

この記事は有料記事です。

残り2747文字(全文3139文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集