連載

教育の森

大学入試や主権者教育、インターネットなど、子どもたちをめぐる教育の課題、変化を探ります。

連載一覧

教育の森

新型コロナ 学校の生活様式変更模索

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
教職員が設置した手作りのビニールシート=愛媛県四国中央市の市立松柏小学校で5月14日、松柏小提供
教職員が設置した手作りのビニールシート=愛媛県四国中央市の市立松柏小学校で5月14日、松柏小提供

 <kyoiku no mori>

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除され、小中学校や高校などで授業が本格的に始まることになったが、学校では子どもたちが集まって行動を共にする場面は数多くある。学校で「新しい生活様式」をどう実践するのか。試行錯誤を続ける現場を追った。【田中理知】

 文部科学省が5月22日に公表したガイドラインは、地域の感染状況によってレベルを3段階に分けた上で、子ども同士が保つべき身体的距離や授業、部活動の実施方法などを示している。特に「長時間近距離で対面形式となるグループワーク」や「密集する運動」などはリスクが高いとされ、最も低いレベル1でも十分な感染対策をとるよう求めている。

この記事は有料記事です。

残り1507文字(全文1811文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集