メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出会いの季語

ご近所を歩く=高田正子

 オンラインによるあれこれが始まって、早ひと月を越えた。天候と体調を気にしなくてよいことと、往復の時間がかからないことは確かにメリットと認めよう。だが、昨今の私がしていたことは、対面でないと楽しくないことばかりだった。人との接触を避けていては成り立たず切ない。ああ、夢だったらいいのに。

 NOと応へむ昼寝より覚めたれば 黒田杏子

 また、私を含め、突然この状況に投げ込まれた人ばかりだから、事前準備、事後の回収、過程の質疑応答と、それはそれは時間がかかる。パソコンのあたりはコックピットと化した。体中に悪いものがたまってきた気がする。

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです