特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ トレーニング再始動 焦らず、無理せず 体も 「最初は物足りないぐらいで」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
NSCAジャパンで車いすバスケットボール男子の永田裕幸を指導する渡部一郎さん(左)。トレーニング再開後は、けが防止のために徐々に体を慣らす必要性を強調する=渡部さん提供
NSCAジャパンで車いすバスケットボール男子の永田裕幸を指導する渡部一郎さん(左)。トレーニング再開後は、けが防止のために徐々に体を慣らす必要性を強調する=渡部さん提供

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されたことを受け、再始動するスポーツ界で懸念されるのが無理なトレーニングによるアスリートのけがだ。筋力や体の使い方を研究する国際的な教育団体NSCA(本部・米コロラド州)の日本支部「NSCAジャパン」はトレーニング再開についての日本語版ガイドラインを公開し、オーバーワークを避けるよう注意を呼び掛けている。

 NSCAは1978年に創設され、世界76カ国・地域で活動する。日本では91年に支部が設立され、会員数はアスリートを含めて約7000人。プロ野球の担当コーチと合同セミナーを実施するなど、国内のスポーツ界のレベル向上にも努める。

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文901文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集