ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスに対応する医療従事者に感謝と敬意を表し、東京都内上空を飛行する空自のブルーインパルス。右下は東京スカイツリー=東京都中央区で2020年5月29日午後0時47分、吉田航太撮影
新型コロナウイルスに対応する医療従事者に感謝と敬意を表し、東京都内上空を飛行する空自のブルーインパルス。右下は東京スカイツリー=東京都中央区で2020年5月29日午後0時47分、吉田航太撮影

 新型コロナウイルス感染症対策に従事する医療事業者への感謝と敬意を示そうと、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が5月29日、都心上空を飛行した。多くの医療従事者や市民らが建物の屋上や公園、広場など思い思いの場所から見守ったが、実施の経緯については「プロセスはどうでもいい」(河野太郎防衛相)と、明かされないままだ。

 「3密」(密閉、密集、密接)を避けるためとして、飛行の実施は前日、コースについては当日の3時間前に発表するなど準備は厳戒態勢で進められた。6機が約20分間にわたり、白いスモークでラインを描きながら編隊飛行を披露した。安倍晋三首相もツイッターに、官邸の屋上からブルーインパルスに拍手を送る自身の動画を投稿。河野氏は自身のツイッターフォロワーらに撮影した写真の投稿を呼びかけた。

 一方、河野氏は29日の飛行直前の記者会見で、発案者について問われ「やるということが大事なのでプロセスはどうでもいいだろうと思う」と回答を避けた。飛行直後には丸茂吉成航空幕僚長も会見で、発案…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文710文字)

あわせて読みたい

注目の特集