メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青森・弘前市、54歳主査を懲戒免職 職員2700人分の個人情報流出

 青森県弘前市は5月31日、市職員約2700人分の個人情報を流出させたとして、市人事課の男性主査(54)を懲戒免職処分にした。桜田宏市長は「市民の信用を大きく失墜させ、多大なご迷惑をおかけしたことを深くおわびする」とコメントした。

 市などによると、男性主査は2018年5月ごろ、市立図書館に異動した際に引き継いだ業務用パソコンのデスクトップのごみ箱から個人情報を発見した。19年に市農業委員会事務局に異動する際に別…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. ジャニーズJr.の福士申樹さんが新型コロナ感染

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか「世界を食べる」写真集最新作はリスボン ビーチで見せた“優しい異世界”

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです