メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

135年の味、惜しまれながら閉店 山形・漬物店「丸八やたら漬」

閉店のあいさつを行う新関芳則社長(中央)ら従業員=山形市で2020年5月31日、日高七海撮影

 山形市旅篭町2の老舗漬物店「丸八やたら漬」が31日、閉店した。午後5時、従業員らと店の前に並んだ新関芳則社長(66)が「本日、閉店させていただくことになった。ご愛顧いただいた市民、県外の皆様にも感謝申し上げたい」と述べ、青菜などを漬けた「おみ漬」を客に配って、135年の歴史に幕を下ろした。

 この日、店内は午前10時の開店直後から…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文382文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

  4. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  5. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです