中国に帰る予定のパンダ 愛くるしい姿にお別れも 神戸・王子動物園が再開

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染拡大で休園していた神戸市灘区の市立王子動物園が1日、約2カ月ぶりに営業を再開した。7月の貸与期限で中国へ帰ることが決まっている雌のジャイアントパンダの「タンタン(旦旦)」の前では、親子連れらが別れを惜しんだ。

 タンタンは24歳。阪神大震災(1995年)で傷ついた子どもを癒やすため2000年に来園し、人気者となった。貸与期限は今年7月15日で、航空機…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

あわせて読みたい

注目の特集