特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

エンタメノート

粋な工夫で「損して得取れ」 上野・鈴本演芸場の新型コロナ戦略

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「鈴本演芸場チャンネル インターネット生配信寄席」の公式サイト
「鈴本演芸場チャンネル インターネット生配信寄席」の公式サイト

 6月の第1月曜日は東京の落語界では「寄席の日」。1798(寛政10)年6月に、「山椒(さんしょう)は小粒でひりりと辛い」から名付けた初代山生亭花楽(三笑亭可楽)が上野・下谷稲荷社(現・下谷神社)で初めての寄席興行を開いたことから制定され、下谷神社には「寄席発祥之地」の碑が建てられている。

 いつもの「寄席の日」なら、東京の寄席は割引料金となり、多くの客でにぎわうのだけれど、今年はちょっと事情が違う。寄席、そして落語会は新型コロナウイルスで自粛を余儀なくされていたからだ。

この記事は有料記事です。

残り1225文字(全文1462文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集