特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

アクリル板で仕切り、傍聴者2席ずつ間隔空け…裁判員裁判が再開 大阪地裁

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルス対策で、アクリル板が設置された大阪地裁の裁判員席=大阪市北区で2020年5月29日午後3時6分、望月亮一撮影
新型コロナウイルス対策で、アクリル板が設置された大阪地裁の裁判員席=大阪市北区で2020年5月29日午後3時6分、望月亮一撮影

 新型コロナウイルスの影響で大半の公判が延期になっていた大阪地裁で1日、裁判員裁判が始まった。飛沫(ひまつ)感染を防ぐ目的で裁判員席をアクリル板で仕切るなど、厳戒態勢での再始動となった。

 この日午前に開かれたのは、同居の母親を殺害したとして、殺人罪に問われた女性被告(62)の初公判。地裁の431号法廷では、裁判官の両側に3人ずつ座る裁判員席に高さ60センチの透明のアクリル板が…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集