特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

埼玉のオートレストラン「鉄剣タロー」閉店 無人営業でコロナ予防管理できず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国道17号熊谷バイパス(右端)沿いに店を構えるオートレストラン「鉄剣タロー」=埼玉県行田市下忍で2020年5月31日午後3時25分、中山信撮影
国道17号熊谷バイパス(右端)沿いに店を構えるオートレストラン「鉄剣タロー」=埼玉県行田市下忍で2020年5月31日午後3時25分、中山信撮影

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて4月から臨時休業していた埼玉県行田市下忍のオートレストラン「鉄剣タロー」が5月31日、閉店した。レトロなゲーム機や自動販売機が並び、昭和をほうふつさせる懐かしい雰囲気の店は県民に広く親しまれたほか、テレビ番組で取り上げられたり映画撮影で使われたりして全国的にも知られていた。しかし、原則無人で24時間営業のため、「感染の予防管理ができず、安全を考えると閉店せざるをえない」と、店主の女性(66)が苦渋の決断をした。

 同店は交通量が多い国道17号熊谷バイパス沿いで1988年にオープン。店名は、近くにある埼玉(さきたま)古墳群・稲荷山古墳から出土した国宝の金錯銘鉄剣(きんさくめいてっけん)にちなむ。広い駐車場を備えて年中無休で営業。熱々のうどんやトースト、ハンバーガーなどを自動販売機で提供し、長距離トラックの運転手や車好きの若者らの憩いの場となってきた。

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文980文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集