連載

匿名の刃~SNS暴力考

SNSでの卑劣な個人攻撃は、なぜ繰り返されるのか。社会はどう対応すればいいのか。関係者に話を聞きました。

連載一覧

匿名の刃~SNS暴力考

「SNS実名登録、開示簡素化を」息子がネット中傷受けた母の訴え 心の傷防ぐために

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ネット上の悪質な書き込みを印刷した用紙を手に、当時を振り返る森田志歩さん=埼玉県川口市の自宅で2020年5月28日午後4時55分、生野由佳撮影
ネット上の悪質な書き込みを印刷した用紙を手に、当時を振り返る森田志歩さん=埼玉県川口市の自宅で2020年5月28日午後4時55分、生野由佳撮影

 人気番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレス選手の木村花さん(22)の急死を受けて、インターネット上の誹謗(ひぼう)中傷対策が注目されている。子どもたちのいじめ相談に乗る市民団体「Protect Children(プロテクト チルドレン)〜永遠の笑顔~」の森田志歩代表=埼玉県川口市=は息子(17)が“ネットいじめ”に遭い、裁判を経て投稿者を特定した経験から「情報開示の手続きを簡単にし、投稿内容に責任を持たせるべきだ」と訴える。【統合デジタル取材センター/生野由佳】

この記事は有料記事です。

残り2002文字(全文2240文字)

あわせて読みたい

注目の特集