メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民、SNS中傷PT開く 「被害者が泣き寝入り」法規制を検討 木村花さん急死受け

自民党本部=東京都千代田区で、曽根田和久撮影

 自民党は1日、インターネット上での誹謗(ひぼう)中傷対策を検討するプロジェクトチーム(PT)=座長・三原じゅん子党女性局長=の初会合を開いた。会員制交流サイト(SNS)などで広がる匿名による中傷を抑制する法規制などを検討し、今国会中にも政府に提言する。

 PTは、フジテレビの番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレス選手、木村花さん(22)がSNS上で批判された後、死亡したことなどを受け設置された。

 岸田文雄政調会長は冒頭、新型コロナウイルスの感染拡大で医療関係者も中傷被害に遭っていると指摘し「従来の法律で十分なのか。日本社会が注目している議論だ。ぜひスピード感をもって取り組みを進めてほしい」と呼びかけた。「殺人事件に関与した」との事実無根の中傷に苦しんだお笑い芸人のスマイリーキクチさんや医療関係団体から意見を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文1116文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. 性暴力で妊娠、中絶手術に「加害者の同意」が必要? 弁護士ら改善求める

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです