特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

大阪市保健所で4月残業124時間 コロナ専従職員複数が過労死ライン超え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪市役所=大阪市北区中之島1で2019年3月18日、林由紀子撮影
大阪市役所=大阪市北区中之島1で2019年3月18日、林由紀子撮影

 新型コロナウイルス対応に追われた大阪市保健所で4月、感染経路の調査などを担った複数の専従職員の時間外労働(残業)が、過労死の危険性が高まる月100時間を超えていたことが市への取材で判明した。最大は124時間だった。全体の平均残業時間も73時間に達し、1カ月あたり80時間とされる「過労死ライン」に迫っていた。

 大阪府では4月に感染者が急激に拡大しており、保健所業務の切迫状況が勤務実態からも裏付けられた。

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文502文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集