メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

9連覇かかる文裕に芝野が初挑戦 マスク着用と検温義務づけ 本因坊戦2日に開幕

 本因坊文裕(もんゆう)(31)=井山裕太九段=に、芝野虎丸名人(20)が挑戦する第75期本因坊決定戦七番勝負第1局(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催、大和証券グループ協賛)が2日、甲府市の常磐ホテルで開幕する。歴代2位に並ぶ9連覇のかかる文裕に対し、初挑戦の芝野は奪取すれば3冠となり、7大タイトル保持数で文裕を逆転するだけに、世代交代を懸けたシリーズとなる。

 七番勝負は当初、5月中旬に開幕する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け延期されていた。両対局者は開幕前日の1日に甲府入りし、対局場を検分した。新型コロナの感染防止のため前夜祭は行われなかった。文裕は「ネット対局で調整し、いい充電期間になった。どれだけベストを尽くせるかを最優先したい」、芝野は「自宅でネット碁をしたりしてゆっくり過ごしていた。集中を切らさず最後まで打ち切りたい」とそれぞ…

この記事は有料記事です。

残り125文字(全文507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです