メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

抗体検査、定員19倍の5万7000人応募 大阪府「ここまであるとは」

写真はイメージです=ゲッティ

 厚生労働省と共同で新型コロナウイルスの感染歴を調べる「抗体検査」を巡り、大阪府が希望者を募ったところ、定員3000人に対して19倍の約5万7000人から応募があった。府関係者への取材で明らかになった。担当者は「ここまで応募があると思わなかった」と府民の関心の高さに驚いている。

 抗体検査はウイルスから体を守るために作られる抗体が血液中に含まれているかどうかを…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文450文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  4. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです