メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

明智光秀が築城した福知山城。現在の城は復元されたものだ=京都府福知山市で2017年7月30日午後4時7分、礒野健一撮影

 戦国武将、明智光秀が「本能寺の変」で織田信長を討ったのは、信長の非道を許せなかったから――。光秀ゆかりの京都府福知山市が本能寺の変(1582年)の原因について、50の説から選んでもらう総選挙をインターネット上で実施したところ、正義のために信長を討ったとする「暴君討伐説」が1位となった。結果は「福知山光秀ミュージアム」(同市)のホームページで2日から紹介する。

 同ミュージアムが、新型コロナウイルスの感染拡大で休館中(3月11日~5月31日)のイベントとして企画。本能寺の変の原因としてミュージアムで紹介している50の説から、「これぞ」と推す説を5月1~24日に投票してもらった。NHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の主人公になるなど、光秀への注目度が高まっていることもあり、全ての都道府県から計3万5359票の応募があった。

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文853文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  2. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  3. ORICON NEWS 山形県出身の峯田和伸&橋本マナミ、同郷舞台の純愛映画で共演

  4. 大阪モデル緩和 「社会を動かしていく」と主張した吉村知事は何を意識したのか

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです