メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 大阪地裁
日本文化をハザマで考える

第24回 007は日本語がペラペラ?

「007は二度死ぬ」でボンドの妻を演じた浜美枝

 ジェームズ・ボンドの5番目の映画「007は二度死ぬ」で、ボンドは日本に派遣される。彼の上司Mの秘書、マネーペニーが彼に日本語の辞書を渡すが、彼はすぐにそれを投げ返して、「ケンブリッジの時、東洋言語で首席を取ったのを忘れたのかい」と言った。

 ケンブリッジで「東洋学(私の場合は日本語)」を学んだ一人として、私はいつも、ジェームズ・ボンドが先輩であることを誇りに思ってきた。

 それで原作を読んだとき、私が思っていたのとはかなり違うボンドが描かれているのを知って、少しがっかりしてしまった。

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1193文字)

ダミアン・フラナガン

ダミアン・フラナガン(Damian Flanagan) 1969年英国生まれ。作家・評論家。ケンブリッジ大在学中の89~90年、東京と京都に留学。93~99年に神戸大で研究活動。日本文学の修士課程、博士課程を経て、2000年に博士号取得。現在、兵庫県西宮市とマンチェスターに住まいを持って著作活動している。著書に「世界文学のスーパースター夏目漱石」。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです