メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美食地質学入門

特別補講 「うまいもん」もギューッと

「プレート境界域の精密海底地形図」(海上保安庁ホームページ)を加工

 地形や地質と美食の意外な関係を解き明かしてきた美食地質学。ここまで25講を重ねてきたが、桜エビを取り上げる予定だった今回は、コロナ禍で取材はお休み。そこで、これまでのおさらいをしてみよう。

日本列島は変動帯

 日本は地震が多い上に、地球上に約1500あるとされる活火山の111が集中する火山大国だ。この原因はプレートテクトニクスにある。マグマ学者の巽好幸先生によると「日本列島周辺は四つのプレートが押し合いへしあいしている、地球でも特異な場所」なのだ。

 海洋プレートのフィリピン海プレートと太平洋プレートが、それぞれ大陸プレートのユーラシアプレートと北米プレートの下へ沈み込んでいる。このため地盤にゆがみがたまり、地震を引き起こす。また、海洋プレートが沈み込むと、プレートが含んだ水が触媒となって地下の岩石を溶かし、多量のマグマを作り出すため、火山が密集する。こうした場所を「変動帯」と呼ぶ。

この記事は有料記事です。

残り1032文字(全文1427文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです