メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

養老先生のさかさま人間学

振り返れば、あっという間

 喜んだらいいのか、悲しむべきなのか、よく分からない。そういうことって、ありますね。

 というより、何事も結局は、そういうことなのかもしれませんね。いいも悪いも、見方次第ですから。

 新型コロナウイルスで外に出られない。おかげでわたしは、たまった虫を標本にする時間ができました。いつかできたらと、紙包みの中に入れていたのですが、その時間ができてしまいました。

 虫ピンを刺せばいいというだけではなくて、これまでに集めた何万匹もの新しい標本を、箱に入れていきます。分類しなければいけませんから、だいたいの種類を見分けながら、どの標本箱に入れるかを決めなければいけません。箱からはみ出すと、間隔を少し変えて並べ直したり、別の標本箱に移動させたりする必要も出てきます。

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文681文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目 勝ち点など記録ずくめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです