メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小中高校書道作品紙上展 5月度入選作決まる /千葉

筆づかいが丁寧で穏やかな書=實川華莉音

 第510回小中高校書道作品紙上展(毎日新聞千葉支局主催、そごう千葉店、JFEスチール協賛)の5月度入選作が決まった。871点の出品があった。入賞者は次の皆さんです。(敬称略)

 <最優秀賞>

 鴨川市立天津小湊小1年、橘音羽▽八街市立実住小2年、實川華莉音▽南房総市立富山小3年、青木佑斗▽木更津市立八幡台小4年、山岡奈央▽鋸南町立鋸南小5年、大胡翔愛▽千葉市立都賀小6年、樋口恵伶那▽いすみ市立岬中1年、長谷川凌太▽鴨川市立鴨川中2年、細川陽愛▽柏市立豊四季中3年、初田愛瑠▽千葉敬愛高1年、阪本美羽▽国府台高2年、荒開響▽千葉女子高3年、岡村芽依

この記事は有料記事です。

残り2408文字(全文2682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  2. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  3. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

  4. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  5. 「ここまでとは」想定外の雨量、河川改修でも浸水 行動計画も効果不明 熊本豪雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです