メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

すぐそこ世界ごはん

韓国家庭料理「ハンメの食卓」 在日1世の味広める /愛知

ニラ(左奥)は自家製。どのおかずも優しい味付け

 新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛さなかの4月8日にオープンしたばかり。韓国家庭料理の弁当やキムチなどの総菜、仕出し料理を販売する。外食の機会が減り、家庭や職場で登場回数が増えた弁当で、地域の客を徐々につかんでいる。

 店名の「ハンメ」は韓国語で「おばあさん」を指す。在日コリアン1世の女性たちは、日本にある食材や調味料を使い、独自に韓国家庭料理を発展させてきた。そんな食文化を広く知ってもらいたいと、NPO「コリアンネットあいち」が店を出した。

 取材した日の日替わり弁当(480円)は、いわしの南蛮、牛肉と大根と大豆の煮物、ニラとのりのあえ物。野菜をふんだんに使ったメニュー自体は、日本の家庭料理とさして変わらない。しかし、ごま油、ニンニク、唐辛子が調味のベースになっており、口にするとやはり韓国料理だ。

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ORICON NEWS 元SMAP森且行選手、落車し緊急搬送 骨盤骨折で入院、全治不明

  3. 北朝鮮外交官が韓国に亡命か 「子どもに良い未来与えたい」

  4. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです