メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

コロナ禍、変わる就活 オンライン選考、導入8割 面接に時間かけ、日程延長 移動なし地方学生、利点も

新型コロナウイルス感染防止のため、新卒学生の採用面接をオンラインで行う損保ジャパンの人事担当者=東京都新宿区で1日、丸山博撮影

 来春入社予定の大学生(現4年生)の採用選考が1日始まった。今年は新型コロナウイルスの影響で春の会社説明会が軒並み中止となり、採用計画を見直す企業もあるなど就職戦線は不透明さを増している。こうした中で主流になりつつあるのがオンライン選考だ。今後、就活の姿が大きく変わる可能性もある。

 「今はご自宅ですか? 背景がすてきですね」。1日午前9時半、面接官がパソコンの画面に映るスーツ姿の男子学生に明るい口調で声をかける。少し雑談した後、「電波が悪かったら気軽に言ってくださいね」と伝え、面接が始まった。

 損害保険大手「損保ジャパン」(東京都)は新型コロナの感染防止のため今年から採用選考に初めてオンライン面接を導入した。最終面接を含む計3回を全てオンラインで行う。対面よりも丁寧なやり取りが必要になり面接時間は例年の45分から60分に延ばした。面接に時間がかかるため採用日程は昨年より2週間程度後ろにずれるという。人材開発グループリーダーの中満隆行さんは「社内で模擬面接を繰り返し、画面越しでの視線の合…

この記事は有料記事です。

残り1672文字(全文2121文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ORICON NEWS 元SMAP森且行選手、落車し緊急搬送 骨盤骨折で入院、全治不明

  3. 北朝鮮外交官が韓国に亡命か 「子どもに良い未来与えたい」

  4. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです