メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

アイヌ文様ってどんなもの? 北海道の自然が起源か 幾何学模様の民族装飾=回答・平山公崇

アイヌ文様が入ったマスクを着けた菅官房長官=竹内幹撮影

 なるほドリ 菅義偉(すがよしひで)官房長官が記者会見で着用したマスクの刺しゅうで話題になったけど、アイヌ文様(もんよう)ってどんなもの?

 記者 曲線や直線を組み合わせた幾何学的(きかがくてき)なデザインのアイヌ民族の装飾です。「モレウ」という渦巻(うずま)き模様や、トゲを表すとされる「アイウシ」というかっこ模様の組み合わせで展開されます。女性は刺しゅうや編み物、男性は木彫(もくちょう)で表現し、木彫の場合はこれに「ラムラム」という、うろこ模様が加わることもあります。衣服の裾(すそ)や袖(そで)、工芸品にあしらわれます。

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 土俵際の逆転不発で正代4敗目 行司と重なる不運、目立った「危ない相撲」

  3. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  4. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

  5. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです