メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の歴史学者 ニーアル・ファーガソン氏 激化する米中新冷戦

=本人提供

 新型コロナウイルス感染拡大で改めて鮮明になった米国と中国の対立の行方について、米国の歴史学者ニーアル・ファーガソン氏に聞いた。

 私は1年以上前に「米中間の新冷戦が始まった」と主張した。貿易にとどまらず、情報技術や人工知能、半導体分野にまで広がる両国の対立だ。今回のコロナ危機では感染拡大の責任論を巡って対立を深めた。中国の(強圧的な外交姿勢を指す)「戦狼(せんろう)外交」は世界中で反発を招き、私の主張に懐疑的だった人たちが今は賛同している。冷戦状態はさらに悪化するだろう。

 冷戦の核心は、超大国間の「技術的競争」だ。米ソ冷戦では核兵器や宇宙開発、コンピューターといった領域でスパイ戦が繰り広げられた。現在では知的財産の盗難・侵害と呼ばれるものだ。対立は「6G」(第6世代通信規格)や人工知能、量子コンピューターなど新たな領域に移ろうとしているが、「二つの科学的権威の争い」という冷戦の本質は不変だ。

この記事は有料記事です。

残り2475文字(全文2876文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

  2. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  3. 北関東の豚盗難に関与か、ベトナム人宅を家宅捜索 2人を入管法違反容疑で逮捕

  4. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです