メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 文化触れ合いに喜び 映画・寄席、2カ月ぶり

再開した映画館で上映前に行われる入場者の検温=東京都渋谷区のユーロスペースで1日、内藤絵美撮影

 東京都内の多くの映画館や一部の寄席が1日、約2カ月ぶりに営業を再開した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休業要請の緩和について、都が同日から映画館や劇場などの営業を認める「ステップ2」へ移行したことを受けた動きで、文化芸術との触れ合いを渇望していた人々から喜びの声が上がった。

 渋谷区の小規模映画館(ミニシアター)「ユーロスペース」は、観客の入場時に検温し、座席もひとつ飛ばしで販売するなどの感染防止策をとった上…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. ソウル市長、失踪か 娘「遺言のような言葉残し外出」 元秘書がセクハラ訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです