メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「G7拡大を」トランプ発言に日本困惑 避けたい米中対立激化 守りたいアジア代表枠

G7サミット拡大構想を巡る構図

 日本政府は、トランプ米大統領が主要7カ国首脳会議(G7サミット)の参加国拡大を打ち出した真意をつかめず、困惑を深めている。米国はロシアやインドなど4カ国を加えることで「中国包囲網」を構築する狙いとみられるが、日本はさらなる米中対立の激化を懸念。恒久的に参加国が拡大すればアジア唯一の参加国としての日本の立場も揺らぎかねない。

 「議長国である米国をはじめ、他のG7メンバー国とも意思疎通していきたい」。茂木敏充外相は2日の記者会見で、サミット参加国の拡大構想について論評を避けた。菅義偉官房長官も1日、「G7の枠組みが、国際社会が直面する課題に取り組む方針や連携協力を確認する場として引き続き重要」と現行の7カ国の枠組みの意義を強調した。

 G7サミットは新型コロナウイルスの感染拡大を受け、…

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文995文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  5. 夜通しパーティーやカラオケ…看護師3人感染 患者2人も 奈良、拡大恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです