メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「GoTo」委託費上限3000億円「過去の事業参考に」 菅官房長官会見詳報

記者会見する菅義偉官房長官=首相官邸で2020年6月1日午前11時22分、竹内幹撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を巡って、2日の菅義偉官房長官の記者会見で質疑があった。新型コロナで打撃を受けた観光のV字回復に向けて、政府が旅行代金の割引などを支援する「GoTo(ゴートゥー)キャンペーン」の事務委託費の上限が約3000億円に設定されたことについて、菅氏は「過去の消費者向けの給付事業を参考に、事業費全体の約2割の3000億円を計上したと聞いている」と説明した。また「実際に要する事務経費は公募に対する申請者からの提案内容によって決まる。事務経費に余剰が出れば、(支援用の)給付金として充てられる」と述べた。

 一方、安倍晋三首相らが新型コロナへの対応を実質的に協議している非公開の連絡会議の議事概要について「ホームページなどでの一律の公開にはなじまない」と述べ、国会などから要請があった場合に提供する考えを示した。主なやりとりは以下の通り。【秋山信一】

この記事は有料記事です。

残り1260文字(全文1644文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

  3. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです