メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンゴ民主共和国赤道州でエボラ出血熱の流行を宣言 WHO 6人が感染、4人死亡

 2019年10月、コンゴ民主共和国東部ブテンボの医療施設で治療を受ける患者(ロイター=共同)

 世界保健機関(WHO)は1日、コンゴ民主共和国(旧ザイール)北西部に位置する赤道州の州都ムバンダカでエボラ出血熱が流行していると宣言した。6人が感染し4人が死亡した。赤道州と千キロ以上離れた東部でも2018年8月からエボラ熱が流行し、2200人以上が死亡している。

 コンゴでエボラ熱が流行するのは、今回で…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文286文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです