メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の暴動はなぜ拡大し続けるのか 分断と政治対立に利用するトランプ氏の思惑

暴徒に放火されたホワイトハウス近くの教会に足を運び、聖書を掲げて写真撮影に応じるトランプ米大統領=AP

 米中西部ミネソタ州で5月25日、白人警察官による黒人男性の拘束死事件が発生してから1週間。全米各地に広がった抗議デモは一部で暴力行為に発展したが、トランプ米大統領は「力による制圧」を宣言し、分断や暴力をあおり続けている。デモ拡大の背景には、新型コロナウイルスの感染で経済格差が顕在化し、白人警官による黒人の殺害が後を絶たないなど、人種間の摩擦が横たわっている。【ワシントン高本耕太、鈴木一生】

 1日夜、首都ワシントンのホワイトハウスに面した公園。平和的に抗議活動を続けていた群衆に鎮圧部隊が突然、閃光(せんこう)弾と催涙ガスを浴びせ始めた。トランプ大統領が演説を始める直前だった。その後もホワイトハウス中庭の演壇でトランプ氏が語り続ける間、ゴム弾を撃たれ、騎馬隊に追われるデモ参加者の怒号と悲鳴が響き渡った。

 演説でトランプ氏は「騒乱や無法状態をすぐに終わら…

この記事は有料記事です。

残り3259文字(全文3639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  2. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  3. 大阪うめきた 梅田墓に「大坂七墓」物証の人骨200体

  4. 日銀若手記者が直撃 (中)「日銀の政策は濃いグレー」元審議委員の警告

  5. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです