メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

5世紀後半の古墳群7基 愛媛の遺跡で発見 小玉、管玉など多くの副葬品出土

同じ墓坑。須恵器が良好な状態で出土した=愛媛県埋蔵文化財センター提供

 愛媛県今治市新谷の新谷古新谷(にやこにや)遺跡を発掘調査している県埋蔵文化財センターは、古墳時代中期後半(5世紀後半)の7基の古墳群を発見したと発表した。墓坑(ぼこう)からはガラス小玉、管玉、須恵器など多くの副葬品が出土し、古墳時代の葬送儀礼を考える上で注目される。【松倉展人】

 国道196号今治道路の建設に伴い、新谷地域を一望する丘陵部約1・1ヘクタールを調査。弥生時代後期、古墳時代の集落跡があり、古墳時代の今治平野の古墳群としては初の調査。直径10メートル前後の7基の円墳のうち、1基には東西方面に長さ3・2メートル…

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目 勝ち点など記録ずくめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです