メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「日本一小さい醸造所だよ」 老舗酒屋がクラフトビールに挑戦 「牧之原えーる」7月発売

牧之原市初のクラフトビールの醸造に挑む鈴木英樹さん=静岡県牧之原市波津の池田屋酒店で

 静岡県牧之原市内で醸造される初のクラフトビール「牧之原えーる」が誕生する。明治初期から続く創業149年の池田屋酒店(牧之原市波津)が店舗の一角を改装。6月からビールづくりに取り組み、7月に販売を開始する。

 酒造免許を取得したばかりの「醸造所」は、米国から輸入した4機の大型の発酵タンクが設置され、仕込みや排水の設備も所狭しと並ぶ。大人が3、4人入ればいっぱいになってしまうほどの広さに、池田屋酒店6代目の鈴木英樹さん(76)は「日本一小さい醸造所だよ」と笑う。

 鈴木さんの長女で、静岡市内で派遣社員として働く月居麻水さん(46)夫妻が「実家の酒店で新たなチャレンジしたい」とクラフトビールづくりに挑戦。5年をかけて全国の工場を見て回り、準備を重ねた。

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  2. 福岡、長崎、佐賀に大雨特別警報 数十年に1度の規模、警戒呼びかけ

  3. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  4. 埼玉県、倍増の600床確保へ 感染拡大傾向で病床数判断引き上げ

  5. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです