5歳児の自閉症3%以上 「入学前に特性理解を」 弘前大チーム調査

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 5歳児のおよそ30人に1人の割合で自閉スペクトラム症(ASD)があるとの調査結果を、弘前大の斉藤まなぶ准教授(児童精神医学)らの研究チームがまとめ、英学術誌に発表した。未就学児のASDの推定割合が明らかになるのは国内で初めて。

 調査は2013~16年の4年間、青森県弘前市で5歳児健診を受けた子ども計5016人を対象に実施。子どもの発達度合いを尋ねる調査票を保護者や保育者に配り、3954人分の回答を得た。さらにその中から、ASDを含む発達障害の傾向がみられた子どもと、保護者が検査を希望し…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文615文字)

あわせて読みたい

注目の特集