メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポストコロナの世界

「人生は富を築くだけのものなのか」 “世界一貧しい”元大統領がコロナ禍で問う価値観

初来日にあたり、各メディアの取材に応じるウルグアイ元大統領のホセ・ムヒカ氏=東京都千代田区で2016年4月6日、山本太一撮影

 その清貧さから「世界で最も貧しい大統領」と言われたウルグアイのホセ・ムヒカ元大統領。コロナ禍による格差拡大を危惧する一方、新たな価値観が生まれることへの期待を語った。

 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が世界の貧困問題を深刻化させている。多くの人が外出規制を強いられる中、「その日暮らし」の貧しい人は仕事や収入を失い、厳しい状態に追い込まれた。

 コロナ危機で最も影…

この記事は有料記事です。

残り3284文字(全文3474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜島が噴火 噴煙5000メートル 昨年11月以来 噴石など注意呼びかけ

  2. ORICON NEWS ホリプロ、舞台『アクタージュ』の今後は「改めてご報告」 原作者が逮捕報道で事実確認中

  3. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  4. 気分は忍者! オニバスの葉に乗る体験会 滋賀の植物公園

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです