メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポストコロナの世界

「人生は富を築くだけのものなのか」 “世界一貧しい”元大統領がコロナ禍で問う価値観

初来日にあたり、各メディアの取材に応じるウルグアイ元大統領のホセ・ムヒカ氏=東京都千代田区で2016年4月6日、山本太一撮影

 その清貧さから「世界で最も貧しい大統領」と言われたウルグアイのホセ・ムヒカ元大統領。コロナ禍による格差拡大を危惧する一方、新たな価値観が生まれることへの期待を語った。

 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が世界の貧困問題を深刻化させている。多くの人が外出規制を強いられる中、「その日暮らし」の貧しい人は仕事や収入を失い、厳しい状態に追い込まれた。

 コロナ危機で最も影…

この記事は有料記事です。

残り3284文字(全文3474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. ジャニーズJr.の福士申樹さんが新型コロナ感染

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか「世界を食べる」写真集最新作はリスボン ビーチで見せた“優しい異世界”

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです