特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「廃業の危機だ」 悲痛な訴え 一般診療担う医療機関に忍び寄るコロナの余波

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
病院の経営危機を訴える公益財団法人「京都健康管理研究会」中央診療所の泉孝英理事長=京都市中京区の同診療所で2020年5月11日午前11時56分、福富智撮影
病院の経営危機を訴える公益財団法人「京都健康管理研究会」中央診療所の泉孝英理事長=京都市中京区の同診療所で2020年5月11日午前11時56分、福富智撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大は、新型コロナ以外の一般診療を担う医療機関の経営にも影を落としている。公益財団法人「京都健康管理研究会」の中央診療所(京都市)は大学や企業などの健康診断を請け負うが、収入減に直面している。泉孝英(たかてる)理事長(84)は「医療機関は急速に疲弊している。外来診療も減少し、廃業の危機だ」と訴える。

 同診療所は例年4、5月、京都市や周辺自治体の大学や専門学校、小中高校で心電図やX線検査などの健康診断を実施。通常の外来診療のほか、臓器に肉の塊のようなものができ、呼吸障害や視力低下などの症状が出る難病「サルコイドーシス」なども診療する。

この記事は有料記事です。

残り937文字(全文1219文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集