メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井七段、最年少タイトル挑戦に王手 佐藤九段破る 永瀬叡王と決定戦へ 棋聖戦

棋聖戦決勝トーナメント準決勝に臨む藤井聡太七段=代表撮影・日本将棋連盟

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)が2日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第91期棋聖戦決勝トーナメント準決勝で佐藤天彦九段(32)に111手で勝ち、4日に同所で行われる挑戦者決定戦へ進んだ。藤井が決定戦に勝つと、8日にある渡辺明棋聖(36)との五番勝負第1局に、17歳10カ月20日で挑むことになり、屋敷伸之九段(48)が持つ17歳10カ月24日で…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」3日で興収46億円 観客340万人超、ともに最高

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. Fact・Check 誤り 防衛大出身者は大学院入学を拒否される 大学院進学例、複数確認 BSフジは訂正

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです