メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

道頓堀の戎橋

 大阪府と大阪市は2日、新型コロナウイルスの流行で経営が悪化する宿泊施設の支援策として、関西圏から来阪した利用客の宿泊費の一部を公費で補助する制度を創設することを決めた。19日から運用を始め、7月末まで実施する。クレジットカードなどで支払った場合に1人あたり2000~3000円程度のポイントを還元し、観光客を呼び戻す狙いがある。

 2019年に大阪を訪れたインバウンド(訪日外国人)は国全体の4割にあたる1231万人だった。

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元ソフトバンクの摂津氏が白血病 骨髄ドナー増えること願って公表

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  5. 自宅療養中コロナ死21人 7人は入院先決まらず待機中 症状急に悪化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです