メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こっちが元祖? 病よけ妖怪「アマビコ」 福井で江戸期の資料発見

金森穣家本「雑書留」に描かれた「あま彦」=越前市市史編さん室提供

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴って「病よけ」の御利益があるとして人気を集めている妖怪「アマビエ」。その同種の妖怪とみられる「アマビコ」が描かれた最古に近い史料が、福井県越前市で新たに確認された。

 同市の旗本だった金森家に伝わる江戸期の出来事をまとめた文書「雑書留」に残されていた。寄託された越前市の武生公会堂記念館によると、前後の文章から推定すると1844(天保15)年に描き写したものとみられる。毛の生えた3本足のサルのような姿をした「あま彦(アマビコ)」が描かれ、「口アカシ(赤し)」など体の特徴についても記されている。

 絵とともに書かれた文章では「肥後国(現在の熊本県)に夜な夜な光る物が出てトンビの声で人を呼ぶ」と冒頭…

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. ジャニーズJr.の福士申樹さんが新型コロナ感染

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか「世界を食べる」写真集最新作はリスボン ビーチで見せた“優しい異世界”

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです