特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

オリパラこぼれ話

閉会式で各国選手が入り交じって入場 きっかけは中国人少年の手紙

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1964年東京大会の閉会式で腕を組みながら入り交じって入場する各国の選手たち=同年10月24日撮影
1964年東京大会の閉会式で腕を組みながら入り交じって入場する各国の選手たち=同年10月24日撮影

 戦いを終えた選手らが国籍を超えて腕、肩を組みながら笑顔で入場してくる。オリンピックの最終日を飾る閉会式。国ごとに整列して入場する開会式とは対照的な光景だ。各国選手が入り交じっての入場は1956年のメルボルン大会が最初で、大会期間中に組織委員会に届けられた少年の1通の手紙がきっかけだった。

 南半球初開催となる大会は、11月から12月にかけて行われた(馬術は6月にスウェーデン・ストックホルムで実施)。しかし、開幕直前の10月、ハンガリーの民主化運動にソ連軍が出動して武力鎮圧を図ったハンガリー動乱が発生。また、エジプト政府がスエズ運河会社の国有化を発表したことが発端となり、イスラエルや英国、フランスが侵攻したスエズ戦争も勃発した。これらの国際紛争に抗議し、オランダやスペイン、スイス、エジプト、イラクなど大会に参加しない国が続出した。

 そんな中、組織委員会に匿名の手紙が届いた。「オリンピック全大会 人と時代と夢の物語」(武田薫著、朝日新聞出版発行)などによると、手紙を書いたのはオーストラリアに住む中国人で17歳のジョン・イアン・ウイングさんだった。

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文983文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集