肘タッチ、体温チェック、マスク着用…プロ野球、厳戒態勢で練習試合スタート

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
無観客で開催された巨人対西武の練習試合=東京ドームで2020年6月2日、玉城達郎撮影
無観客で開催された巨人対西武の練習試合=東京ドームで2020年6月2日、玉城達郎撮影

 約3カ月遅れの開幕を目指し、2日に無観客で練習試合が始まったプロ野球。各球場では入場者の体調チェックが徹底され、ベンチ内の首脳陣らがマスクを着用する姿も目立った。新型コロナウイルスが終息していない中、厳戒態勢で19日の開幕戦へ向かう。

 全6球場に「サーモグラフィー」が設置され、スタッフが選手や職員、報道陣らが発熱していないか確認した。試合中も選手らは手指の接触を避け、活躍したチームメートらを「肘タッチ」などで祝福。打者や捕手の近くで「ストライク」「ボール」などの声を…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文590文字)

あわせて読みたい

注目の特集