メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁 第75期本因坊戦 第1局 文裕、下辺に侵入

 <大和証券>

 <先番・芝野虎丸名人-本因坊文裕>

 本因坊文裕(もんゆう)(31)=井山裕太九段=に芝野虎丸名人(20)が挑戦する第75期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催、大和証券グループ協賛)の第1局は3日午前9時、甲府市の常磐ホテルで再開された。文裕の封じ手は「16の十一ノゾキ」だった。

 上辺での戦いが収束し、下辺に焦点が移った局面で打ち掛けとなっていた。文裕の封じ手は「相手の出方を見る、無駄のない利かし」として候補手の一つに挙がっていた。

この記事は有料記事です。

残り189文字(全文425文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 囲碁は「国技」、日本棋院が定款変更 「伝統文化」内外に発信狙う

  2. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

  3. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  4. 米司法省、グーグルを独禁法違反で提訴 米メディア報道 MS以来20年ぶり大型訴訟

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです