メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ NYコロナの恐怖、寓話に ユアグローさん執筆、柴田元幸さんが翻訳

オンラインで「ボッティチェリ」について話すバリー・ユアグローさん(左)と柴田元幸さん=5月28日

 新型コロナウイルスの感染拡大でロックダウン(都市封鎖)下にある米ニューヨーク市在住の作家、バリー・ユアグローさん(71)が4~5月に執筆した短編12作が5月29日、「ボッティチェリ 疫病の時代の寓話(ぐうわ)」(ignition gallery)として邦訳出版された。仕事相手であり、20年来の友人でもある米文学者の柴田元幸さん(65)が短期間で翻訳。新型コロナに脅かされる人々の心象を寓話として描く。作家は「自分の正気を保つために書いた」と語る。

 ユアグローさんは、ニューヨークでも特に感染が深刻なクイーンズ地区、なかでも多く患者を収容した病院の近くに暮らす。「緊張と恐怖はひどいものがありました。それを言葉にして外に出してコントロールするため、書かずにはいられませんでした」と執筆の動機を静かに話した。

この記事は有料記事です。

残り1067文字(全文1421文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 結核7人集団感染 1人死亡、6人は家族や関係者 北九州市

  4. 東京・板橋で女性刺され死亡、殺人事件で捜査 同居の30代夫と連絡取れず

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです