特集

検察官定年延長を問う

内閣の裁量で高検検事長らの定年延長を可能とする特例を盛り込んだ検察庁法改正案についてまとめます。

特集一覧

熱血!与良政談

また政権の悪弊が=与良正男

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 先週の本欄で、安倍晋三首相がこれまでの危機をしのいできたのは、首相が責任を口にするだけで済ます等々、いくつかの強引な手法によるものだったと書いた。

 書き漏らした点がある。国会と公文書を都合良く軽んじてきたことだ。新型コロナウイルスへの対応でもそれが表れ始めている。

 政府・与党は今月17日までの通常国会の会期は延長しない考えだという。当初は与党にも「新型コロナ対策は長期戦になる。このため大幅な延長が必要だ」との声が強かったはずだ。

 一転したのは、検察庁法改正案の今国会成立が見送りに追い込まれ、黒川弘務・前東京高検検事長が賭けマージャンで辞職するなど失態が止まらないからだ。これ以上国会審議を続けると政権がどうなるか分からない。首相も答弁が嫌でたまらない様子である。

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文939文字)

【検察官定年延長を問う】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集