メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大岡信と戦後日本

/25 連詩をめぐって 「自由な空間」で試行錯誤

1984年に来日したオクタビオ・パス(右)。左は詩人の飯島耕一=東京・赤坂で

 それにしても、大岡信が文芸創造の場として論じた「うたげ」が、今ほど困難なことはない。彼なら、この状況をどう考えるか。

 大岡らによる連句や連詩では、はがきや手紙で句や詩を送り合ったり、会合で未完の場合、電話やファクシミリを使って続行したりする例も少なくなかった。現在ではメールやネット上で連句や連詩を作るケースもある。大岡も健在ならば「オンライン連句(連詩)」を試みたのではないか。

 だが、彼が詩の共同制作に見た意義の一つは、参加者が同じ場所に集まって行う点にあった。『連詩の愉(たの)しみ』(1991年)によれば、「他人と同じテーブルを囲んだまま、丸見えの状態で、詩を作る」ことは、「個人の秘密の時間と場所」で創作する現代詩人の習慣を創造的に破壊する。

この記事は有料記事です。

残り1589文字(全文1916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  3. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです